株式会社ユーディージャパン

人材教育・出版・ユニバーサル環境の推進

[ ここから本文 ]

初めて聴者と働く人のための 手話で行う 新入社員研修

C:【社会人の自己理解と自己表現研修 2日間】 
 〜 理解される・納得される・応援される技術を身につける 〜

万全な聴覚障がいの特性への配慮のもと、聴覚障がいのある方ならではの課題に気付き、乗り越えるためのコミュニケーション技術を修得します。研修で作成する「自分トリセツ」は周囲との良いコミュニケーションツールとして重宝されるでしょう。また、公開研修のため、他企業の同じ聴覚障がいのある新入社員との交流で、気づきの相乗効果を期待できます。

※自分トリセツ=自分取扱い説明書。周囲の方が読むことで自分のことを理解し、納得し、さらに支援したくなる16ページの冊子。

目的

  • 聴覚障がいのある方が陥りやすい、自己理解と他者理解の課題に気付きます。
  • 周囲の方が自分のことを理解し、納得し、支援したくなるコミュニケーション技術を習得します。
  • 自分トリセツを作成します。
  • ストレスを上手に受けながす技術を習得します。

対象

聴覚障がいのある新入社員で、手話の読み取りが可能な方
※要約筆記はつきません

特性への配慮

講師が手話で研修を進行するため、参加者にダイレクトに内容を伝えることができます。また、進行速度も参加者の特性に合わせ、理解を確認しながら進行します。

プログラム

【社会人の自己理解と自己表現研修】
  • コミュニケーション
    (他者理解、自己理解、おまけの情報、Yes,if 法、あいまい表現への対応、アサーション)
  • 『自分トリセツ』作成1
    (相手と自分の120%ハッピーを考える、「自分マーケティングシート」を作成する【他者理解・自己理解】)
【社会人の自己理解と自己表現研修】
  • ストレスマネジメント
    (現代社会とストレス、ストレス測定、ストレスの理解、ストレスをマネジメントする、対処法の3つのR、リラックスでストレスマネジメント―頭・心・身体)
  • 『自分トリセツ』作成2
    (「自分素材発掘」インタビューを実施する、「自分ストーリー」を作成する )
  • 目標設定(1年後の目標を立てる目標設定シートの作成)

講師

高桐 尊史(たかぎり たけし)
NEC関連会社勤務を経て、手話講師。
「NHK聴覚障害者の時間」など多数出演。現在、企業のための聴覚障がい者研修や手話指導を行う。
手話監修『会社で使う手話』(UDジャパン)。
野口 礼奈(のぐち れな)
株式会社UDジャパン企画開発・編集マネジャー
新入社員研修、ダイバーシティ関連研修、聴覚障がい社員対象研修等の講師、企画運営を担当。
その他、企業向け各種マニュアル編集や書籍ユニバーサル手話シリーズ企画編集、『感じるプレゼン』編集等。

お問い合わせ

株式会社UDジャパン 障がい者雇用促進支援担当
電話:03-5769-0212
FAX:03-5460-0240
e-mai:info@ud-japan.com

Aコース(3日間)を見る  Bコース(1日間)を見る 

このページのトップへ