株式会社ユーディージャパン

人材教育・出版・ユニバーサル環境の推進

[ ここから本文 ]

聴者と一緒に働くための 手話で行う
ビジネスコミュニケーション研修

対象聴覚障がいのある方

研修風景(ほとんど無音です)

聴覚障がいはコミュニケーション障がいともいわれます。情報の行き違いによるトラブルやミス が、職場の人間関係に溝をつくることもあります。この研修では、ろう者の講師と聴者の講師がペアになり、それぞれの立場や考え方、文化などを手話で説明していきます。

プログラム

第1部:職場にあるいろいろな立場 第2部:Win-Win のコミュニケーション
  • 自分を知る……聴者の中で働くこととは
  • 他人を知る……一緒に働く聴者のことを知る
  • 聴者と働くろう者の工夫
  • こんなときどうする?…… 状況別ディスカッション等
  • コミュニケーションは学ぶもの
  • 上司の期待を読み取ろう……あいまい表現への対応
  • 意見の言い方……Yes・But 法、Yes・If 法、おまけの情報
  • アサーション……同僚との付き合い方

研修の特徴

ろう者の講師と、聴者の講師

  • ろう者の立場や聴者の世界で持つべき姿勢を、「ろう者の講師」が、受け止め、解説
  • 聴者の立場やろう者の社員に望むことを「聴者の講師」が解説

受講者が、ろう者・聴者、双方の立場の納得感をもって『受け入れること』を容易にします。

受講生の声

  • 自分から発言をすることがあまりなかった、ろうの社員が、この講座を受講させてから、積極的に発言・提案をするようになりました。【人事ご担当者様】
  • 聞こえる人は、コミュニケーションで困っていないと思っていました。今回の受講で、聞こえても聞こえなくても、コミュニケーションは努力すること・学ぶことが必要だと知りました。【受講生】

講師

谷 千春(たに ちはる)
手話通訳士として国際的に活躍。
NHK手話ニュースキャスターを経て、現在、NPO手話技能検定協会理事長。日本社会事業大学非常勤講師。著書に『手で笑って 手で泣いて』(旬報社)、『DVDで覚える手話辞典』(池田書店)など多数。
高桐 尊史(たかぎり たけし)
NEC関連会社勤務を経て、手話講師。
。「N HK聴覚障害者の時間」など多数出演。現在、企業のための聴覚障がい者研修や手話指導を行う。
手話監修『会社で使う手話』(UDJ)。

お問い合わせ

株式会社UDジャパン 障がい者雇用促進支援担当
電話:03-5769-0212
FAX:03-5460-0240
e-mai:info@ud-japan.com